MENU

 高校を卒業する頃になると、進学か就職かって事になってきますよね。
私の場合勉強したいって気持ちもありませんでしたし、卒業したら仕事をするのは普通なのかなって気持ちがありました。
そんな気持ちを持っていながらも、しっかりと就活やらなかったんです。
それというのも、ちょっと気軽なフリーターみたいな感じでアルバイトを少し続けてからの就職で良いかもって気持ちがあったからです。
だからしっかりとした就職をすることなく卒業して、それからはコンビニのアルバイトをするようになりました。
近所のコンビニはいつもアルバイトを募集していたりもしたので、応募したらすぐに採用って形になったんです。
ここで暫くアルバイトをして小遣いを稼げばいいやって気持ちになっていました。
仕事がハード過ぎることもなく、職場の環境が悪いというわけでもありませんでしたから、それなりに最初は楽しむことができていたのです。
これで時給が良かったらな、そんな気持ちは持っていましたけれどね。
私がレジに立っていると、よくお客さんから「春菜ちゃん」と呼ばれることがあるんです。
なんでそんな名前で呼ばれるのかな?梨奈って名前なんだけれどなんて感じでした。
それも1人だけのお客さんではありませんでした。
何人かのお客さんがレジで会計する時「春菜ちゃんありがとう」とか言ってくるんです。
「春菜ちゃん◯◯番のタバコとって」とか、「今日も天気がいいね春菜ちゃん」とか、いろいろなお客さんから言われるようになってしまっていたんです。
本当に不思議でしかたがなかったので、思い切って聞いてみようかな?って思ったんです。
「なんで春菜ちゃんって言うんです?」

「ああ、ほらお笑いコンビのハリセンボンっているだろ、あの近藤春菜に似ているからさ、そういうんだよ(笑)」
この話を聞いた時、物凄いショック受けちゃって…確かに私は太った体形をしているし、メガネもかけているし…でもそれがコンプレックスだったんですよね。