MENU

 中学時代の友人がパパを探した3つの出会い系サイトに登録してみたのです。
女の子は無料で相手探してしまうと、これで無職の私にはとてもいいなって感じでした。
登録する時、自分の身分証を出す必要がある事が分りました。
こういうことするから悪質な人がいないのは間違いがありませんよね。
安心感が漂う3つの出会い系サイト、PCMAX、Jメール、ハッピーメールの掲示板で太った体のことをアピールしていく事にしました。
私もお金持ちの人と知り合って愛人契約したいですから、太った女の子が大好きなお金持ちの人探しを始めてみたのです。
自分がコンプレックスになっている、近藤春菜に似ている事を逆に利用してアピールして愛人募集をしていく事で、もしかしたら良い結果を生むことになるんじゃないかって思ったのでした。
その考えは間違いではなく、3つの出会い系サイトでメール交換を始められました。
皆んな30歳以上の人で、毎月手当を支給することができるって言ってくれて、それに太った体形の女の子が好物だって言ってくれたんです。
今までずっとコンプレックスだったぽっちゃりの肉体が、初めて売り物になったことが分かって嬉しくなりました。
どのサイトでも順調にやりとりしたんだけど、Jメールで知り合った39歳の会社経営者の方が、一番手当が高かったんです。
この人は30万円の支払いができるって言ってくれて、それでこの人一本に絞っていこうかって思っちゃいました。
すぐに面接する約束にもなったし、やっとチャンスが手にできたかもってうかれた気持ちになってしまったのです。
そしてドキドキの面接は、ある大きなホテルの中にあるレストランでした。
そこでお寿司をご馳走になりながら、話をすることになったんだけど、近藤春菜に似ている私を気に入ってくれたのは表情で分りました。